ワキガの基礎知識

自宅でわきがが治せる? | わきがの改善する方法

更新日:

セルフケアで行える、わきが改善方法についてご紹介

セルフケアで行える、わきが改善方法についてご紹介

わきがの臭い対策は、あらゆる種類の「デオドラント製品」や、「手術などの外科的治療」など、様々な方法があります。

わきがの臭いの元は、アクポリン汗腺から出る分泌液と脇の下の皮膚や脇毛などに付着した脂肪分や常在菌との混ざり合いで、臭いの成分が生成されることが分かっています。

臭いの原因が分かった後は、改善方法を知ることで臭い対策を根本から見直すことが、臭いの軽減に繋がります。

もっと気軽に、そして手軽に、自宅での毎日の暮らしの中で行えたら・・・

自分自身の体質とうまく付き合うことができるのではないかなと思います。

セルフケアで行える、わきが改善方法についてご紹介していきたいと思います。

ライフスタイルから見直すわきがの改善方法

汗をかく

アクポリン汗腺からの分泌液が出る

脇の常在菌と結合

臭いの元の生成

この順序によって起こるわきがの臭い

自分自身で臭いに気付くことができたら、次はその臭いを少しでも元から改善することで、デオドラント製品などとの相性も良くなります。

臭いの元の部分が改善されていない状況下では、いくらデオドラント消臭グッズを使用しても効き目はおろか、一層不快な臭いになってしまうことは、避けたいと思います。

日々の生活で行える改善方法は、次の通りです。

・食生活の改善

・運動

・入浴法

・足つぼ

暮らしの中で、生活に必須なことと、取り入れやすい方法として挙げてみました。

食生活の改善

食生活の改善とは、アクポリン汗腺を含む汗腺を刺激しすぎないようにすることです。

脂っぽい食べ物や辛いものをさける

\梅干しやショウガ、お酢がオススメ/

辛いものや、お肉や脂っこいものを好む方は、できるだけ日常の食生活では抑えめにすることをお勧めします。

もちろん、我慢はストレスの原因にもなり兼ねないので、ストレスが溜まらない程度に時には「ご褒美」として摂取することが好ましいです。

脂っこい食事やお肉など、汗腺から脂肪分として排出されやすい食材はなるべく避け、まんべんなく偏りの無い食事が良いです。

主にビタミン類やミネラル分の多い食事はわきがの改善に良いとされています。

例えば、梅干しショウガお酢などです。

ショウガには殺菌効果があります、梅干しやお酢の成分内にあるクエン酸も強い殺菌効果があります

お酢などは、台所シンクのお掃除などにも使われていますが、殺菌と消臭効果があるんです。

食品ですが、薄めたりして肌に直接塗ることも効果があります。

果物で言うとリンゴはアクポリン汗腺から出る汗を抑える効果があると言われています。

レモン殺菌効果

\レモンなどの酸性の食べ物で体の中からキレイに/

レモンなども酸性の食べ物なので、お酢などと同じような効果が期待できます。

体内から綺麗になる食事は結果、汗腺を刺激し過ぎず、見た目にも肥満解消や本質的な体質改善にもなります。

 

運動

運動をはじめよう

汗をかくと脇の臭いが気になってしまい、運動から遠ざかってしまう方もいられると思います。

ですが、それは実に逆効果です。

良い汗をかくことで、汗腺から出る汗や分泌物を調整することができるんです。

では実際に、どんな運動をすれば良いのでしょうか?

ランニングなどは、日々の生活の中に取り入れるにもハードルが高い!という方も居られますよね。

学生さんでも社会人でも、専業主婦の方でもご年配の方でも行える、ちょっとした運動から本格運動までご紹介してみたいと思います。

ウォーキング

ウォーキング

\30分の運動でもやってる人はひと目でわかる/

歩くということは、とても便利な時代なのでなかなか気をつけてやらないと、歩かないという方も多いはずです。

通勤通学も、最寄り駅まで自転車で、駅構内はエスカレーター、駅を降りたらすぐバスなど。

たとえば、帰りには1駅分歩いて帰ってみる、自転車を押して帰るなど、30分程度歩くことを1日に1回は行うだけで、全く違います。

主婦の方でも今日のお買い物は、歩いて行ってみませんか?

 

ストレッチ・ヨガ

ストレッチ・ヨガ

\自宅でヨガもおすすめ/

歩きたいけれども、身体の状態は個人差があります。

自宅でも簡単にできるのは、ストレッチやヨガ、身体を痛めないように軽い体操などもお勧めです。

こちらもできれば30分程度は行うと良いです。

特に、お風呂上がりは身体も温まっているので、身体の筋なども緩んでいるので、柔らかくなっています。

そんな時にストレッチをするだけでも、新陳代謝のアップに効果的です。

 

水泳

水泳

\水泳トレーニングは効率が良い/

全身運動になるスイミングもとても良いです。

程よく体全体の筋肉に運動を呼びかけることができるので、新陳代謝もアップします。

また、水中を歩くだけでも下半身を鍛えることができ、特に下半身のふくらはぎなどは、第二の心臓とも呼ばれ、血液を心臓に戻す役割があります。

血液の流れはリンパの流れとも繋がるので、老廃物を身体に溜め込まない身体を作ることに、一役かってくれる場所でもあります。

 

これまで挙げた運動は、有酸素運動になります。

スポーツジムなどで、筋肉を増量させる運動というのは無酸素運動で集中的に鍛えることになり、乳酸を増やすことになります。

動物性脂質を摂取したり、わきがの元の要因にとってあまり好ましいとは思えない運動と食生活になります。

血中のブドウ糖を燃焼させることで、加齢臭や汗臭さの原因となる短鎖脂肪酸の元となる遊離脂肪酸を減少させることができます。

毎日1日30分の運動で汗の質を良くすること、臭いの原因となる老廃物をなるべく溜めないようにすること、継続することで臭いの緩和も期待できるはずです。

入浴法

汗の臭いが気になる人は、1日に何度もシャワーを浴びたり、出かける前にもシャワーを浴びるなんてこともあると思います。

でも、それでもすぐに臭いを感じることってありませんか?

実は、入浴方法にもわきがの臭いを軽減する方法があります。

 

日に何度もシャワーを浴び、しっかりとかいた汗をシャワーで流せば、脇の下も清潔にしているように思いますよね?

それは肌の表面の汚れを落としているだけで、汗腺に詰まった脂汚れや古い角質などは残ったままになっていることが多いのです。

洗い流したつもりでも残ったままの脂汚れや古い角質などは、脇の下のアクポリン汗腺から出た分泌液と混ざり合う常在菌となり、臭いの生成へと至ってしまう確率を高めてしまうのです。

 

好ましい入浴法は、湯船にしっかりとつかり身体を温めることです。

ぬるま湯

\36℃前後のぬるめのお湯に10〜15分程度浸かる/

新陳代謝のアップにも繋がりますし、身体を温めることで毛穴が開くので、同時に汗腺も開くことになります。

それから身体を石けんで洗い流すことで、汗腺に付着した脂汚れや古い角質などもしっかり取り除くことができます。

運動と合わせて入浴法もしっかりと行うことで、しっかり良質の汗をかき、老廃物の放出を行うこと。

その老廃物が汗腺に詰まらないよう、毛穴を開いて汚れを取り除く。

このサイクルが日常に取り入れることができれば、汗をかくことも怖くなくなります。

脇の下というのは普段外に出ている部分では無く、デリケートな部分になるので、力を入れ過ぎて洗うのはお勧めできません。

殺菌成分のあるわきが専用のボディーソープなどで洗うのも良いです。

足つぼ

足つぼは元より、つぼマッサージは身体の色んな悩みを解決してくれるものです。

実はわきがのツボも5種類ほど言われているものがあるのですが、その中でも分かりやすい場所で見つけやすいのが「行間(こうかん)」です。

足の親指と人差し指の間の付け根にあるつぼで、見つけやすいのがポイントです。

元は体臭の足つぼとして有名なつぼになります。

 

ストレッチのついでに、行間をグーッと押すことでリラックス効果も期待でき、体臭も軽減できれば一石二鳥ですね!

足つぼ 行間

足つぼ 行間を挟むように押す

イラスト参照(気分がスッキリするツボ | 3分でできる! 体の悩みに効く! お手軽ツボ百科

セルフケアのオススメアイテム

日常生活のベースでできることをしたら、あとはセルフケアのアイテムで簡単に取り入れられるものを使ってみるのも良いです。

次に挙げる4つのアイテム選びで、臭いの軽減を期待できる場合もあるので、ご紹介していきたいと思います。

・除菌グッズ

・ベビーパウダー

・衣類の選択

・低コスト消臭グッズ

除菌グッズ

臭いの原因の1つとして雑菌について書かせて頂いたように、殺菌することも大事なポイントです。

脇の下の皮膚自体の汚れを落とすことは入浴などで行うことができますが、外出中などは入浴することができません。

気になる時には、手指などの消毒に使うアルコール除菌ジェルなどを脇に塗布したり、皮膚にも使える除菌作用のあるデオドラントシートなども効果的です。

ベビーパウダー

ベビーパウダーは赤ちゃんの汗疹対策などに使われることが多いのですが、汗や蒸れを抑える効果があります。

デオドラント製品に、パウダーが入ったものがあるのは同じ原理です。

ベビーパウダーを使う際には、脇の下の汗をしっかりと拭き取り水分を取り除いた状態で使用することを、お勧めします。

脇の下の汗じみの軽減にも役立つので、汗の量が気になる方にもピッタリです。

ベビーパウダーは毛穴を塞ぐという効果があるので、肌トラブルの原因になることもあります。

入浴時にしっかりと洗い流すことで、肌トラブルを防ぐことも重要です。

衣類の選択(素材選び)

意外にも見落としがちなのが、衣類の素材選びです。

繊維の素材によって、臭いがキツくなってしまうこともあるので、注意して選ぶことがポイントです。

化学繊維

・ナイロン

・ポリエステル

・アクリル

上記にあげた化学繊維の衣類を着用することで、臭いの拡散が激しくなります。

お洗濯をした時に、早く乾いてシワになりにくい便利な素材なのですが、早く乾くということは、風通しが良く水分を拡散しやすいことになります。

汗腺から出た汗と分泌液の混ざり合い、臭いの元になった成分が衣類の繊維に付着し、結果臭いをまき散らしてしまいます。

化学繊維の洋服を着用する際には、脇汗パッドなどを貼って直接繊維に汗が付着しないように気をつけることで、臭いの拡散を防ぐことができます。

天然繊維

・綿

・木綿

天然の繊維は臭いを拡散せず吸着してくれます。

衣類自体に臭いは付いてしまっても、素材上空気を通しにくい性質なので、空気の拡散が無い分、回りへ臭いをまき散らすことを防げます。

そういった面で、天然繊維の素材の衣類をお勧めします。

低コスト消臭グッズ

ドラッグストアなどで見かけるデオドラント製品で、無臭とは言っても汗と混ざるとなぜだか気になる臭いがあったり、感じ方は個人差がありますが。。。

低コストで消臭できるグッズがあれば良いなと探していたところ見つけたのが「ミョウバン」でした。

ミョウバンとは何か?

料理をされる方であれば、耳にしたことがあるかと思いますが、食材のアク抜きに使う製品です。

スーパーの砂糖や塩などの調味料コーナーで見かけることが多いです。

ミョウバンの成分は、「無水硫酸カリウムアルミニウム」という物質になります。

水溶性で弱酸性の消臭液を作ることができます。

ミョウバン

 

およそ30gで100円前後で販売されていて、1袋で500mlのペットボトル2つ分の原液が作れます。

ミョウバン水の作り方

・ミョウバン1袋(30g

・ペットボトル1L分(500ml2本でも)

・水道水1L

ミョウバンをペットボトルに入れます。

お水1Lを注ぎ入れます。

この時に使う水は、必ず水道水を使用してください。

日持ちの点でミネラルウォーターは不可です。

しっかりとシェイクし、ある程度溶かしてください。

この時はまだ半透明の乳白色です

溶けたら冷蔵庫で1晩置いてください。

翌日ミョウバンの結晶が残っている場合には、またシェイクしてもう1晩置いてください。

出来上がったら、スプレーボトルに原液1に対し水道水を10倍の量を入れてください。

ミョウバンの原液は冷蔵庫保管で1ヶ月程持ちます。

使い方は、お風呂上がりに脇の下にスプレーボトルで塗布してください。

あとは余分な水分を軽く拭き取り、乾かしてください。

汗が出ると、外出用のスプレーボトルにもミョウバン水を作って持ち歩いておけば、拭き取りの際にスプレーボトルで塗布することで、臭いを軽減することができます。

効能については、ミョウバンは水に溶けることで酸性となります。

食材で酸性のものが良いと書かせて頂いたように、皮膚の表面が酸性になることで細菌の繁殖を抑えることができます。

また収れん作用があることから、制汗作用が期待できます。

実際使用していますが、個人差があるとは思いますが汗の臭いが気にならなくなりました。

合成物質を身体に塗布することに抵抗があると思いますが、成分についてここで説明させていただきます。

ミョウバンは科学的には、カリウム・鉄・アルミニウムなど金属イオン硫酸塩として結合した複塩です。

大分県にある別府温泉の明礬温泉で浮かぶ湯の花の結晶は、同じミョウバンの結晶です。

また、古代ローマ人が制汗剤として使っていた「最古のデオドラント」としても有名です。

肌トラブルが心配な方は、パッチテストを行ってから使用してください。

自宅でワキガを改善する方法まとめ

いかがでしたでしょうか?

意外にもセルフケアで臭いの元を緩和することができると思います。

実際、私が使っている方法で臭いの軽減もできました。

こまめにケアすることで、臭いストレスから解放されます。

汗をかく季節が嫌になることもあったと思います。

ちょっとしたアイデアで、汗をかくことを恐れずに済みます。

ご自身にできそうなセルフケアのお役に立てたら幸いです。

わきがクリーム 口コミ

-ワキガの基礎知識

Copyright© ワキガクリーム ランキング2017 | 本当におすすめ「わきが」に効く! , 2017 All Rights Reserved.